2024年度夏期特別展「BIGs 〜丹波竜と竜脚類の進化〜」 開催!

更新日:2024年06月09日

皆さんは地球史上最も大きい陸上生物を知っていますか?

それは、「竜脚類」と呼ばれる恐竜の仲間たちの中にいます。竜脚類は長い首と尻尾、大きな身体を持つのが特徴的な恐竜で、特にアルゼンチノサウルスは全長が30~35m以上、体重80~100トン以上もあり世界最大級の恐竜だといわれています。

竜脚類の化石は丹波市からも発見されており「タンバティタニス・アミキティアエ(通称:丹波竜)」と名付けられました。その大きさは全長10数mと竜脚類の中では大きくない方ですが、それでも日本最大級だといわれています。

そんなタンバティタニスがどの様に見つかり、どのような特徴から新属・新種だと分かったのかを他の竜脚類たちと比べながら、竜脚類という大きな者たち(BIGs)の起源や巨大化の秘密を辿ってみよう。

タンバティタニス(丹波竜)のウォールマウント展示

実物化石のカマラサウルスの全身骨格がやってくる!

後期ジュラ紀の北アメリカに生息していた、カマラサウルスの子供の全身骨格が丹波竜化石工房にやってきます!

この全身骨格はなんと実物化石!レプリカと実物化石との違いを比べながら、ぜひタンバティタニスとの違いを発見してみて下さい。

ティラノサウルスのロボットがやってくる!

ティラノサウルスのロボットが丹波竜化石工房にやってきます。ティラノサウルスの迫力を実際に体感してみましょう!

※ロボットは2024年9月1日 (日曜日)まで

開催期間

2024年7月20日(土曜日)〜2024年9月23日(月・祝)

10:00〜17:00(入館は16:30まで)

※館内混雑時、入場制限を行う場合があります。

※ 夏期展準備のため、2024年7月16日(火曜日)、17日(水曜日)、18日(木曜日)、19日(金曜日)は臨時休館します。
※ 2024年9月24日(火曜日)以降はリニューアルのため
休館となります。令和7年7月リニューアルオープン予定です。

期間中も、丹波竜化石工房ではセミナー&ワークショップを開催します。
詳しくは、こちらからご覧下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

丹波市教育委員会 教育部恐竜課

〒669−3198

兵庫県丹波市山南町谷川1110番地

【丹波竜化石工房へのアクセス】

久下村駅から徒歩10分

谷川駅からタクシーで5分

【お問い合わせ】

電話番号:0795-77-1887
ファックス:0795-77-0891

メールフォームからお問い合わせをする