ファルカリウス

更新日:2019年04月12日

獣脚類

  • 学名 Falcarius utahensis

  • 由来 鎌の刃

  • 分類 竜盤類 獣脚類 テリジノサウルス類

  • 時代 前期白亜紀

  • 産地 アメリカ ユタ州

テリジノサウルス類は、前肢に非常に長いかぎ爪をもつ風変わりな獣脚類である。ファルカリウスはテリジノサウルス類のなかでも原始的なものであるが、細くて長い首、前肢の長いかぎ爪などの進化したテリジノサウルス類の特徴がみられる一方で、下顎の先端が下へ曲がっていない、足の親指が小さく3本趾で体重を支えている、恥骨が完全に後方に向いていないなどの原始的な特徴も残している。

丹波竜発見地(篠山層群大山下層;約1億1000万年前)からもテリジノサウルス類の歯が一つ発見されているが、鋸歯(歯の縁にあるギザギザ)が粗いという点で、ファルカリウスの歯とは異なる。

この記事に関するお問い合わせ先

丹波市役所 恐竜課
電話番号:0795-77-1887
ファックス:0795-77-0891

メールフォームからお問い合わせをする